薬剤師【薬局求人】

薬局 薬剤師求人

 

薬剤師は専門的な技術を持っている人の付く職業として、給与などの待遇の面で非常に優れた職業の一つとして考えられることの多いものです。

 

多くの人が薬剤師として仕事をしたいと思っている中、薬剤師とはどういった仕事であるのかを知ることは非常に重要なことです。薬剤師としての仕事は病院や研究機関など、様々なところで行われているものですが、最も一般の人に馴染みの深い仕事場所といえば、薬局ではないでしょうか。

 

一般的に薬局と言われるのは、大きな病院などで医師の診察を受けたあとに医師から出された処方箋をもとに調剤された薬を受け取る場所である調剤薬局か、医師の処方箋なしに購入することのできるOTC医薬品を主に扱っているドラッグストアと言われる薬局が主なものとなります。

 

それぞれの薬局の特徴を確認した上で、どういった仕事が自分に向いているのかを知ることが、薬剤師求人を利用して、自分が納得することのできる仕事に就くためには欠かせないものになるのです。

 

また近年薬局の中でも注目を集めているのが、主に漢方を使用することになる漢方薬局というものです。

 

漢方薬局はその名のとおり漢方の使用を専門に行っている薬局のことをいいます。漢方は様々な生薬を組み合わせることによって、利用する人の体質を改善し、病気の治療や健康の保持に役立てるという東洋医学で主に用いられてきた医薬品であり、近年では漢方薬を専門に扱う薬局や薬剤師も注目を集めています。

 

調剤薬局とはまた違った特徴を持っている漢方薬局での仕事を行うことは、薬剤師としての仕事内容をより幅広いものとしてくれるでしょう。

 

薬局だけでも非常に幅広い仕事内容を持っている薬剤師としての仕事ですが、実際に薬剤師としての仕事を行うためには、多くのことを学ぶ必要があります。

 

代表的なものとして、薬剤師としての資格を取得するための薬剤師試験を受けるためには、薬学部を持っている大学で6年間勉強をしなくてはならないというものがあります。

 

通常の大学が4年なのを考えると薬剤師に求められる知識がどれだけ多いものなのかがわかります。その上で仕事を行うことができる薬剤師は、それだけやりがいのある仕事になっていくことでしょう。

 

調剤薬局の環境とは?

 

薬剤師としての仕事を行う上で、どのような職場で働きたいかということは非常に重要な選択肢であるといって間違いはないでしょう。

 

どのような職場で仕事をするかによって、薬剤師の仕事内容は大きく変化するものであり、自分の希望する仕事以外の仕事についてしまうと、仕事内容も全く違ったものになってしまうのです。

 

そのため薬剤師の仕事に就くためには、どのような内容の仕事が存在しているのかを十分に確認した上で仕事を行うことがとても重要です。

 

薬剤師の仕事の中でも、特に多くの人から需要のある仕事とされているのが、調剤薬局で仕事をするというものです。調剤薬局は医師からの処方箋を受け取りそれに合わせた医薬品を調合する薬剤師の仕事であり、病院の帰りに受け取る薬を販売している薬剤師であるという認識が一般的なものです。

 

以前は調剤薬局自体が大変珍しいものであり、1980年代を境に急激にその規模が広まってきたものとされています。

 

しかし現在では、多くの都道府県で分業が確立されており、これ以上の規模の拡大も徐々に難しくなってきていると言われています。

 

それだけならばまだしも、大手の調剤薬局が、中小規模の調剤薬局を傘下に収めることによって、より規模の拡大を狙いとする動きもあり、中小規模の調剤薬局の維持が難しくなってきているのも事実です。

 

ジェネリック医薬品などの数も増加しており、多くの在庫を抱えなくてはならない状況なども手伝い、今後は大手の調剤薬局か、個性が強いとみなされる個人運営の調剤薬局かに調剤薬局が二分化されるのではないかという意見が有力な説となっています。

 

調剤薬局での仕事内容

 

調剤薬局は、薬剤師の職場の中でも特に一般的なものであり、多くの薬剤師が、調剤薬局での仕事を行うか、志望しているものです。

 

そのため調剤薬局での仕事内容を知っておくことは、自分が薬剤師として働くためには欠かせないものであるといっていいでしょう。

 

調剤薬局で行われる仕事の中でも最も主なものは、やはり薬の調剤を行うことになります。しかし薬の調剤を行うためには、医師からの処方箋を受け取り、その指示に従った薬を調剤することが求められます。

 

病院などで治療を受けた患者が受け取った処方箋をもとに薬を調合し、患者に提供することはもちろん、その薬の正しい服用方法や効能について説明することも、調剤薬局で仕事をする薬剤師にとってとても重要な仕事のひとつとなるのです。

 

また、処方箋を受け取った際に、その処方箋の監査を行うことも、薬剤師の持っている重要な仕事です。監査というのはその処方箋に記載されている医薬品の調合が本当に正しいものであるか、あるいはもっと効率的な医薬品が存在するのではないかということをチェックし、結果的にそちらが正しいと判断した際に、処方箋の内容ではなく、自身の判断を優先させることができるのです。

 

医療現場においては医師のもつ権限が最も大きいものとなりますが、より医薬品に対して専門的な知識を有している薬剤師のもつ権限も、一定の分野においては強力なものとなっているのです。それだけに調剤薬局で仕事をする薬剤師には、他ではないような様々な基準で薬の調剤を行う必要が出てくるのです。

 

薬局に欠かせない管理薬剤師

 

薬剤師の仕事の中でも最も大きなものは、医薬品を調合することにあるのは間違いありません。

 

処方箋の監査も行うことができ、誰よりも医薬品に対して詳しい知識を有している人材として薬剤師の存在は医療現場に欠かせないものとなっています。

 

そんな薬剤師の仕事をより多くのことを行うことができる薬剤師が存在しています。それが管理薬剤師という役職であり、通常の薬剤師よりも多くのことを行う必要が出てきます。

 

管理薬剤師の仕事を行うために必要になるのは、医薬品の在庫やレセプトの集計というような、計数管理を行うことにあります。

 

計数管理を行うため技術を有している薬剤師ということで、各調剤薬局にはなくてはならない存在であり、通常の薬剤師よりも上位の存在として扱われます。

 

ただし管理薬剤師として働くためには特別な資格が必要になるというわけではなく、単純にその薬局に長く勤めているなどの判断基準で任命されるものとなることもあります。早い人では就職してから半年ほどで管理薬剤師としての業務を行う人もいます。

 

管理薬剤師になるためには、通常の薬剤に関する知識はもちろん、薬局全体のことに目を配ることができる能力が必要不可欠です。

 

そのためその薬局に勤めて日が浅い人よりも、長期にわたってその薬局の仕事を行っているベテランの薬剤師が管理薬剤師としての業務を行うことが多くなります。

 

最も管理薬剤師になれるかなれないかは、経営する会社側の方針や規模なども関係してくるため、一概に大きな基準があるものというわけではないようです。

 

薬剤師の調剤薬局への就職・転職状況

 

薬剤師としての資格を取得した際に、どのような職場に就職するかということが非常に重要な選択肢の一つとして考えられるのです。

 

同じ薬剤師であっても、求人の倍率が高いため、就職をすることが困難になる就職先もあれば、比較的多くの人が就職することができるような職場など、多種多様な職場が存在しています。(参考:転職サイト

 

薬剤師の代名詞とも言うべき調剤薬局への転職や就職を行うことは、ほかの薬剤師の仕事と比較しても、就職は簡単なものになる傾向にあります。

 

なぜならば大手でも中小企業でも、調剤薬局を運営している各会社で、新卒転職にかかわらず、多くの薬剤師としての資格を取得している人材の募集を行っているからです。そのため自分に特に明確な希望がないときでもない限り、調剤薬局への就職は比較的容易なものと考えていいでしょう。

 

しかし明確な希望を叶えるためには、早めの行動を行い、確実に理想的な職場に就職をしてしまうことが求められます。

 

大手企業にしても中小企業にしても、それぞれ良い点と悪い点が存在しているため、自分がどういった点を重視して、調剤薬局での仕事をしていきたいかを考えることが、薬剤師として就職や転職を行うためには欠かせないものとなるのです。

 

より良い就職や転職を行うためには、各調剤薬局の特徴を掴むことはもちろん、自分の希望をはっきりとさせることも重要な要素です。

 

大手と中小での薬局の違い

 

薬剤師の仕事を行う場所として調剤薬局は、最も代表的なものと考えて間違いはないでしょう。

 

調剤薬局と一言で言っても、大手や中小等規模をはじめとして、様々な要因によって区別されるものとなっています。就職してからの自分の生活をより良いものとしていくためにも、各調剤薬局の特徴を捉えた上で、職場を決定することは非常に重要な要素になるものです。

 

大手の調剤薬局に就職することの最大のメリットは、なんといっても優れた教育を受けることができるという点にあります。

 

大手の薬局は、多くの薬剤師を輩出してきた実績を持っており、営業方法もマニュアル化されているものです。そういったマニュアルの通りに作業を行うことによって、より効率の良い作業方法を知ることができるようになり、より薬剤師としてのスキルを短時間で高めることが出来るようになるのです。

 

それに対して、中小規模の調剤薬局に就職することで、転勤などの事情に左右されにくくなるという利点も存在しています。

 

中小規模の調剤薬局は、ある地域を中心に展開していることが多く、それほど広い地域まで出店しているということがありません。

 

そのため遠くの店舗に転勤しなくてはならないということが起こらないため、比較的出勤がしやすくなるという特徴があります。

 

そのほか地方で展開している中小規模の調剤薬局には、都市部にある調剤薬局よりも給与などの面で良い待遇を受けることができる傾向にあります。

 

こういった特徴のうち、何を重視するのかによって、最終的に目指す就職先も変わってくることになるのです。

 

調剤薬局の将来性

 

薬局に務める薬剤師になるためには、非常に多くの難関が待ち構えているといっていいでしょう。

 

6年もの間、薬学部で勉強を積まねばならなくなることはもちろん、最終的に薬剤師試験に合格することができなければ、薬剤師の仕事を行うことはできなくなってしまうのです。

 

そしていざ、薬剤師として働くことができたとしても、そのあとのことを考えなくてはいけません。つまり自分はどういった薬剤師として活動をしていきたいのかということです。

 

基本的に薬剤師の仕事は、同系列の会社で行われている様々な店舗をこまめに換わることによって、より多くの経験を積むことが出来るようになります。

 

そういった経験をより活かしていく働くために、主に2つの道が用意されています。

 

一つは管理薬剤師などを経験し、薬剤師としての知識や技術を高めていく方法。もう一つは、会社の経営に携わるマネージャーとしての役割になります。

 

薬剤師の資格を持っている以上、薬剤師として働くことが最も効率がいいと感じる人もいるかもしれませんが、薬剤師としての知識をマネージャーになることで、より広い範囲で活かしていくことができるようになるのです。

 

多くの人は管理薬剤師かマネージャーになっていくものですが、ときには家業の薬局を継ぐために転職を希望する人や、自分で1から薬局を開業してしまう人など、実に多くの就職パターンが存在しています。

 

自分は将来薬剤師としてどうなりたいのかを考えることで、薬剤師という仕事そのものにもよりやりがいを感じることができるようになるでしょう。